内視鏡検査
胃内視鏡検査
胃内視鏡検査
検査の前夜の夕食は夜9時ごろまでに、いつもより少なめにとってください。当日の朝は、何も食べないようにします。
胃内視鏡検査
来院されてから、内視鏡(スコープ)を飲みやすくするために、咽喉の奥を麻酔します。局所麻酔のアレルギーのある方はお伝え下さい。
胃内視鏡検査
体をしめつけるものは、できるだけはずして、リラックスしてください。
上着は脱ぎ、メガネや入歯をはずし、ベルトはゆるめます。
胃内視鏡検査
内視鏡(スコープ)はムリに飲み込もうとせず、医師の指示に従って軽い気持ちで飲み込みます。咽喉を通ったら、ゆっくり静かに「腹式呼吸」をすると、検査は楽に受けられます。
全身の力を抜いてゆったりした気持ちで受けましょう。検査は数分間で終わります。
胃内視鏡検査
検査が終わっても、咽喉の麻酔は30分くらい残っています。すぐにうがいなどはしないでください。
自動車の運転をしばらく見合わせてください。
内視鏡当院では、細径(最大径6.5mm)の胃カメラを使用しております。また、苦痛無く検査を受けて頂くために相談の上、鎮静剤(ボーっとする薬{注射})使用することも可能です。その際には、約1〜2時間休んでふらつきなど無いのを確認してから帰宅して頂きます。詳細につきましては、電話でもお気軽にご相談下さい。
大腸内視鏡検査
大腸内視鏡検査
検査の前日は消化の悪いもの(繊維が多い、種が多いなど)は控えてください。前日の夕食は午後9時ぐらいまでにとり、その後は絶食です。水分はとって構いません。当院では検査前日は、食べ物が腸に残りにくい食事を提供することも可能です。
大腸内視鏡検査
前日は就寝前に下剤を服用していただき、当日朝から約1.8リットル程度の大腸の洗浄水を飲んでいただき、お腹の中を空にします。
大腸内視鏡検査
便がきれいになったら、検査着に着替え、検査開始します。
大腸内視鏡検査
検査中はリラックスしてベッドに左横向きになってください。
大腸内視鏡検査
大腸をよく観察するために横向きから仰向きになっていただくなど体位変換することもあります。担当医の指示に従ってください。
大腸内視鏡検査
検査当日はお車の運転はできません。また、検査でポリープなど病変部位から組織を生検した際には、当日はアルコール摂取を控えて下さい。前述の通りに、大腸カメラの際にも鎮静剤(ボーっとする薬)を注射して行うことも可能です。
当院では、患者さんのご負担を軽減するために、細径で硬度可変式の大腸カメラを採用しております。また、大腸の検査においても相談の上、鎮静剤(ボーっとする薬)使用して行うことも可能です。

内視鏡また医療機器を介した感染を回避すべく、カメラの洗浄や消毒は、洗浄機((株)カイゲン社のクリーントップ)で作成した電解酸性水を使用して感染防止対策に万全を期しております。
「オリンパスメディカルシステムズ(株)メディカルタウンより引用 http://www.medicaltown.net/
このページトップへ